SNSマーケティングに関する役立つ情報をお届け

みんなのTwitterマーケティング

フォロワー・フォロー

Twitter(ツイッター)でフォロワーをブロックするには?効果・操作方法・注意点・便利なツールを解説

投稿日:

Twitter(ツイッター)のフォロワーの中にブロックしたいユーザーがいるものの、どのようにブロックすればよいかわからない方も多いでしょう。ブロックするとどうなるかも気になるポイントのはずです。この記事では、Twitterのブロックの効果や操作方法、注意点、便利なツールなどを解説します。

Twitter

Twitter(ツイッター)のブロックの効果

Twitter(ツイッター)でフォロワーをブロックしたことがない方は、ブロックするとどうなるかわからない方も多いでしょう。

フォロワーをブロックすることの効果について、1つずつ詳細をみていきましょう。

ブロックされたアカウントは機能が制限される

他のユーザーのアカウントをブロックすると、ブロックされたアカウントは自分のアカウントに対して機能が制限されます。フォローやツイート、ダイレクトメッセージなどができなくなり、つながりを断つことが可能です。

Twitter(ツイッター)のヘルプセンターでは、ブロックすることによって制限される機能について、以下のように記載されています。

・あなたをフォローすること。
・Twitterにログインした状態で、あなたのツイートを見ること(ただし、あなたを報告する場合の、自分宛てのあなたの@ツイートは例外です)。
・Twitterにログインした状態で、あなたのツイートを検索して見つけること。
・あなたにダイレクトメッセージを送ること。
・Twitterにログインした状態で、あなたのフォローしているアカウント、フォロワー、いいね、リストを見ること。
・Twitterにログインした状態で、あなたの作成したモーメントを見ること。
・あなたのTwitterアカウントを自分のリストに追加すること。
・写真にあなたをタグ付けすること。

Twitter ヘルプセンター Twitterでアカウントをブロックする方法

フォロー関係が強制的に解除される

フォローされているアカウントをブロックすると、フォロー関係が強制的に解除されます。つながりたくないユーザーや悪質なアカウントなどのフォローを解除したいときに便利です。

フォローを解除するには、フォロワー一覧から解除操作をすることはできません。ツイートやプロフィールからブロックする方法しかありませんので、フォロー関係を断ちたいときはブロックを活用しましょう。

ブロックされた相手にブロック通知は届かない

ブロックしたいユーザーがいるものの、ブロックしたことが知られないか不安な方も多いでしょう。

Twitter(ツイッター)では、ブロックをしたときに相手に通知が届くことはありません。そのため、ブロックしてすぐに気づかれる可能性は少ないです。

ただし、ブロックをすると自分のアカウントが相手のフォローリストから消えるので、フォローリストの変化から気づかれるリスクはあります。

ブロックした相手からの@ツイートなどの通知は届かない

Twitter(ツイッター)でブロックをすると、ブロックした相手からの通知も届かなくなります。ブロックした相手が自分宛てに@ツイートをしても通知されません。

ただし、ブロックした相手と他のユーザーとやり取りをしていて、やり取りしているユーザーをフォローしていた場合、そのユーザーがブロックした相手宛てに@ツイートすると自分にも通知が届きます。ブロックした相手と自分の両方に宛てられた@ツイートも届くことも理解しておきましょう。

Twitter(ツイッター)のブロックにまつわる操作方法

Twitter(ツイッター)でブロックする効果を理解したところで、操作方法をおさえていきましょう。ブロックに関わる3つの操作について詳しく解説していきます。

  • ブロックをする場合
  • ブロックしたユーザーを確認する場合
  • ブロックを解除する場合

ブロックをする場合

Twitter(ツイッター)でブロックする方法には、2つの方法があります。パソコンとスマホの両方ででき、基本的に操作は同じです。

  • ツイートからブロック
  • プロフィールからブロック

2つの方法について、それぞれの手順を見ていきましょう。

ツイートからブロック

Twitter ブロック ツイート

ブロックしたいアカウントのツイートからブロックすることができます。ツイートからブロックする手順は以下の通りです。

  1. ブロックするアカウントのツイートの上部にある「・・・」アイコンをクリック・タップする
  2. ブロックをクリック・タップし確定する

プロフィールからブロック

Twitter ブロック プロフィール

  1. ブロックするアカウントのプロフィールにアクセスする
  2. 「・・・」アイコンをクリック・タップする
  3. 開いたメニューからブロックをクリック・タップし確定する

ブロックしたユーザーを確認する場合

ブロックしたアカウントを確認したい、ブロックを解除したいといった場合には、ブロックしたユーザーを確認する必要があります。

パソコンとスマホそれぞれで、ブロックしたユーザーを確認する方法をチェックしていきましょう。

パソコンの場合

Twitter ブロック 確認

パソコンでブロックしたユーザーを確認する方法は、以下の通りです。

  1. プロフィール画面から「もっと見る」をクリックする
  2. メニューから「設定とプライバシー」をクリックする
  3. 「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」をクリックする
  4. 画面右のメニューから「ミュートとブロック」をクリックする
  5. 画面右のメニューから「ブロックしているアカウント」をクリックし確認する

スマホ

スマホでブロックしたユーザーを確認する方法は、基本的にはパソコンと同様です。以下の流れを参考にして確認を行いましょう。

  1. プロフィール画面から「設定とプライバシー」をタップする
  2. メニューから「プライバシーとセキュリティ」をタップする
  3. 画面を下にスワイプし「セキュリティ」の「ブロックしたアカウント」をタップし確認する

ブロックを解除する場合

Twitter ブロック 解除

アカウントのブロックを解除したい場合は、ブロックしたユーザーのプロフィールで設定が可能です。

パソコンとスマホの操作はほとんど同じですので、以下の手順を参考にブロック解除を行ってみてください。

  1. ブロックしたユーザーのプロフィールにアクセスする
  2. 「ブロック中」と表示されている部分をクリック・タップする
  3. 「ブロックを解除する」または「はい」を選び、ブロック解除を確定する

ツールを活用すると効率的にブロックが可能

ブロックするためには、ツイートやプロフィールに移動して、その都度操作する必要があります。ブロックしたいユーザーが多い場合は、操作に手間と時間がかかってしまうでしょう。

そこで活用したいのが、Twitter(ツイッター)で使えるツールです。ツールを活用することによって一括操作で効率的にブロックできるようになります。

おすすめのツールを2つご紹介しますので、利用を検討してみてください。

  • SocialDog
  • フォロー管理 for Twitter

SocialDog

SocialDog

SocialDogは、Twitter(マーケティング)に役立つ機能が幅広く備わったオールインワンツールです。ツールからユーザーをブロックする機能があり、パソコンブラウザ版で利用できます。

SocialDogでは、フォロワー一覧や片思いユーザー一覧からブロックすることができます。一覧からアカウントのフォロー・フォロワー数や過去のツイートを確認できるので、ブロックするかの検討がスムーズです。

Twitter公式でツイートやプロフィールからその都度ブロックしたり、アカウントのプロフィールにアクセスして詳細を確認したりする必要があります。その点、SocialDogは、一覧からブロックやアカウント詳細の確認ができるので、スピーディーかつ効率的な作業を実現可能です。

SocialDog

フォロー管理 for Twitter(フォローチェック)

フォロワー管理forTwitter

フォロー管理 for Twitter(フォローチェック)は、Twitter(ツイッター)のフォロー・フォロワー管理に役立つアプリ・ツールです。

ブロック機能には、一括ブロックや一括ブロック解除が搭載されているので、効率的にブロック作業を進められます。

フォロー管理 for Twitter(フォローチェック)の主な機能は以下の通りです。

  • 一括アンフォロー
  • 一括リフォロー
  • 一括ブロック
  • 一括アンブロック
  • ツイート検索から一括フォロー
  • ユーザー検索から一括フォロー
  • 鍵付きユーザーの抽出
  • 1ヶ月以上ツイートしてないユーザーの抽出

フォロー管理 for Twitter (フォローチェック)

ブロックする際の注意点

Twitter(ツイッター)のフォロワーをブロックすることによっていくつかの効果を得られますが、気を付けたいポイントもあります。3つの注意点を理解した上で、フォロワーのブロックを行いましょう。

  • ブロックしたことがバレることがある
  • 悪質なアカウントはTwitterへ報告
  • もし自分がブロックされたらどうする?

ブロックしたことがバレることがある

ユーザーをブロックすると、ブロックしたことが通知されることはありません。ただ、相手が自分のプロフィールにアクセスすると、「〇〇さんはあなたをブロックしました」と表示されるので、ブロックがバレる可能性があります。

もしブロックがバレないか不安で、ただ相手のツイートを見たくない場合にはブロックではなく、ミュートすることを検討してみましょう。

ブロックしたことがバレるのが嫌で、ミュートしているユーザーは実際に多いようです。

ミュートをするとそのユーザーのツイートがタイムラインに表示されなくなるので、ブロックせずにツイートが目に入ることを防ぐことができます。

悪質なアカウントはTwitter(ツイッター)へ報告

攻撃的なツイートを再三してくる、詐欺まがいのダイレクトメールをしつこく送ってくるといった悪質なアカウントは、ブロックすることはもちろん、Twitter(ツイッター)への報告も検討しましょう。

悪質性や違反が認められた場合には、アカウントの停止や凍結などの対応が取られるので、不快なコンタクトに悩まされることがなくなります。違反の報告は、ツイート、リスト、プロフィールなどからできますので、以下のリンクからそれぞれの方法を確認してみてください。

Twitter ヘルプセンター 違反の報告

もし自分がブロックされたらどうする?

Twitter(ツイッター)を使っていると、自分からブロックするだけでなく、相手からブロックされる場合もあるでしょう。ブロックされる原因としては、相手を不快にさせるツイートや不適切なコミュニケーションの取り方などが考えられます。

人によって捉え方が異なるので、政治や性などのセンシティブなツイートは不快感を与えてしまうかもしれません。また、愚痴ばかりつぶやいたり、どのようなツイートにもしつこく絡んだりする場合にも、「ツイートを見たくない」「絡みたくない」といった理由でブロックされてしまうでしょう。

ブロックされてしまった場合は、上述の原因を参考にして、自分自身のツイートを振り返ることが大切です。当てはまる部分があったときは、これからブロックされる機会を減らせるように改善を行いましょう。

注意点として、ブロックされたからといって落ち込みすぎる必要はありません。実際にブロックを経験したユーザーも気にしすぎないことを意識しています。

Twitterでのブロックは良くあることで、人間関係同様に相性があります。思い当たる原因がないのであれば、相性が良くなかったと捉え、気持ちを切り替えましょう。

Twitter(ツイッター)のブロックの効果と方法を理解して活用しましょう

Twitter(ツイッター)でユーザーをブロックすると、相手のアカウントの機能が制限され、フォロー関係を強制的に解除することができます。プロフィールからブロックがバレる可能性もありますので、必要に応じてミュートすることも大切です。

また、自分がブロックされる可能性もありますが、そのときは自分のツイートを振り返った上で、あまり気にしすぎないようにしましょう。Twitterのブロックの効果や方法を十分に理解し、SocialDogといったツールを活用しつつ、フォロワーのブロックを行ってみてください。

-フォロワー・フォロー

Copyright© みんなのTwitterマーケティング , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.