SNSマーケティングに関する役立つ情報をお届け

みんなのTwitterマーケティング

フォロワー・フォロー

Twitter(ツイッター)でフォロワーを削除する方法とは。おすすめのアプリやツールもご紹介

投稿日:

Twitter(ツイッター)を運用していると、特定のアカウントをフォロワーから削除したいと考えることもあるでしょう。フォロワーを削除する場合には、ブロックするか、自分のアカウントを新しく作り直す必要があります。また、ツールを利用することで、フォロワー削除をより効率よく行うことが可能です。この記事では、ブロックに関する効果や特徴、方法や注意点だけでなく、フォロワーを削除する場合におすすめのアプリやツールも解説します。フォロワーを削除する際の参考になさってください。
Twitter

Twitter(ツイッター)のフォロワー削除にはブロックを使う

Twitter(ツイッター)において、特定のアカウントをフォロワーから削除する場合には、ブロックを利用します。ブロックを使うことで、強制的にフォロー関係を解除させることが可能です。ブロックの効果や特徴、方法、注意点について解説します。

ブロックの効果と特徴

まずは、Twitter(ツイッター)におけるブロックの効果と特徴についてご紹介します。正しく理解してから実践するようにしましょう。

フォロー関係が強制的に解除される

Twitter(ツイッター)では、ブロックを使うと、相手とのフォロー関係が強制的に解除されます。相互フォローの場合は、お互いのフォロー・フォロワーが減り、フォローしておらずフォローだけされている状態ならば、相手のフォローが減ります。

また、相手が非公開アカウントである鍵垢であっても、ブロックすることで相手をフォロワーから削除することができます。

ブロックされた相手にブロック通知は届かない

ブロックを検討されている方のなかには、「ブロックすると相手に通知が届くのでは」と悩む方もいらっしゃるでしょう。Twitter(ツイッター)では、たとえブロックしても、Twitter上で相手に通知が届くことはありません。そのため、ブロックしたことがすぐにばれる可能性は低いと考えられます。

ブロックの方法

次に、実際にブロックする方法について解説します。

ブロックする場合、まずはブロックしたい相手のツイート画面やプロフィールページの右上にある「メニュー(3つの点が並ぶマーク)」をクリックしましょう。
ブロック
表示されたメニュー画面の中にある「○○(TwitterID)さんをブロック」という文章をクリックします。
ブロック
「○○さんをブロックしますか?」と書かれた画面で「ブロック」をクリックすると、ブロックの完了です。
ブロック

ブロックの注意点

Twitter(ツイッター)でブロックした場合には、フォロー解除と同じく相手に通知がいかないため、すぐにばれることは少ないと考えられます。ただし、ブロックしたままにしておくと、相手が自分のプロフィール画面にアクセスした場合に、「○○(TwitterID)さんはあなたをブロックしました」と表示されるので、ブロックしていることがばれてしまいます。

ブロックしたことを相手に知られたくない場合には、ブロック解除するのがおすすめです。ブロック解除することで、相手は自分のプロフィール画面を閲覧できるようになります。よほど悪い感情を持っている場合を除いては、ブロックした後にブロック解除しておくと良いでしょう。

フォロワーを一括で削除するには「フォロー管理for Twitter」

フォローチェック for Twitter
Twitter(ツイッター)でフォロワーを一括で削除したい、フォロワーを0にしたいという方には、「フォロー管理for Twitter」というiPhone、iPad向けアプリがおすすめです。一括ブロックだけでなく、ブロック解除も一括で行えます。ほかにも一括フォロー解除、一括リフォローなど、さまざまな操作を一括で行えるため、大変便利です。

ただし、Twitterヘルプセンターのフォローとフォロー解除にあるように、短時間でブロックやブロック解除を繰り返すことは、Twitterルールに違反する行為です。Twitterの利用が制限される、アカウントが凍結されるといった可能性があるため、一度に大量のブロック・ブロック解除は行わないようにするべきでしょう。

フォロー管理for Twitter

アカウントを新しく作成する方法もあり

Twitter(ツイッター)において、ブロック以外の方法でフォロワーを削除したい場合は、アカウントを削除して新しく作り直すしかありません。ブロックを利用したくない場合には、アカウントを新しく作り直しましょう。ただし、新しいアカウントとなるため、フォロー・フォロワーが0の状態からのスタートとなります。

また、Twitterヘルプセンターのアカウント復活のヘルプにも記載してあるように、アカウントを削除してから30日以内であれば、アカウントを復活させることも可能です。

効率的にフォロワーを削除できたか確認する方法

SocialDog
フォロワーを削除できたか効率よく確認したい場合には、フォロー・フォロワーを多角的に分析できるSocialDogを利用すると良いでしょう。SocialDogにある「新着フォロワー解除」機能を利用すれば、最近フォロー解除されたユーザーをチェックできるため、自分がブロックしてフォロワー削除したアカウントも簡単に確認できます。

月額980円から利用できる有料プランに加入すれば、SocialDog上でブロックも行えるようになります。フォロワー削除できていなかったフォロワーが見つかった場合にも、SocialDog上ですぐにブロックできるため、大変便利です。

SocialDogにはほかにも、フォロー・フォロワーをさまざまな分類で閲覧できるフォロー管理機能や予約投稿機能、フォロワー獲得分析機能など、Twitterの効率的な運用に欠かせない機能が多く搭載されています。なかでも、フォロー管理機能を利用することで、非アクティブユーザーやフォロー返しをしていないファンと呼ばれるユーザー、相互フォローユーザーといったさまざまな分類でフォロー・フォロワーを多角的に確認できるため、フォロー・フォロワーを整理しやすくなります。SocialDogを利用して日頃から整理しておくことで、フォローされたくないユーザーにフォローされた場合にもすぐに気付くことができるでしょう。
SocialDog

フォロワー削除に関してよくある疑問

最後に、Twitter(ツイッター)のフォロワー削除に関する疑問について解説します。運用の参考にしてみてください。

誰にもフォローされたくない場合はどうすればいい?

Twitter(ツイッター)で誰にもフォローされたくない場合には、アカウントを作成した後に非公開設定にしましょう。そうすることで、鍵垢にすることができます。鍵垢にすると、ツイートを含むアカウント情報はフォロワーにしか表示されません。誰にもフォローされていなければ、誰にも表示されないため、フォローされる確率が低くなると考えられます。

また、鍵垢の場合は、自動的にフォローされるわけではなく、フォローリクエストが送られて承認することではじめて相手からフォローされます。そのため、たとえフォローリクエストがきたとしても、承認しなければフォローされることはありません。誰にもフォローされたくない人は、アカウントを作成してすぐに非公開設定にすることをおすすめします。

ブロックしたのにフォロワーから消えないのはなぜ?

Twitter(ツイッター)では、下記のツイートのように、ブロックしたのにもかかわらず、フォロワーから消えないことがあります。

このような事態は、タイムラグが原因で発生すると考えられます。時間が経過してもフォロワーから消えない場合は、不具合が発生している可能性があるため、Twitterヘルプセンターの「お問い合わせ」で、Twitterに問い合わせしましょう。

Twitter(ツイッター)のフォロワー削除はブロックやアカウント削除で行いましょう

Twitter(ツイッター)では、ブロックやアカウント削除を利用することでフォロワー削除できると解説してきました。ブロックをする場合には、効果や特徴、注意点についてしっかりと理解したうえでブロックしましょう。また、一括でブロックできるアプリや、フォロワー削除できたか確認できるツールを利用することで、よりスムーズにフォロワー削除できます。ツールによるブロックやアカウント削除をうまく利用して、Twitter運用を効率化していきましょう。

-フォロワー・フォロー

Copyright© みんなのTwitterマーケティング , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.