SNSマーケティングに関する役立つ情報をお届け

みんなのTwitterマーケティング

フォロワー・フォロー

Twitterでフォローが消えた際に考えられる6つの原因とは。対処法まで徹底解説

投稿日:

Twitter(ツイッター)を利用していると、知らないうちにフォローが消えることがあり、なぜ消えたのか、どう対処すべきか頭を悩ませているのではないでしょうか。この記事では、フォローが消えた際に考えられる6つの原因と対処法について解説します。併せて、フォローが消えるのを防げるツールや、ブロックされたことをいち早く把握できるツールもご紹介しますので、参考にしてください。
Twitter

Twitter(ツイッター)のフォローが消えた際に考えられる原因は?

Twitter(ツイッター)において、フォローしていたアカウントが消えた場合には、下記の6つのいずれかが原因だと考えられます。それぞれのケースについて解説しますので、原因を探っていきましょう。

相手にブロックされている

まず考えられる原因は、相手にブロックされている場合です。Twitter(ツイッター)では、フォローしている相手にブロックされると、フォロー関係が強制的に解除されるため、フォロー数が減ります。

このように、相手にブロックされた場合だけでなく、自分がブロックした場合でもフォローは減ります。

次に、フォローが消えたことで、「ブロックされたのでは」と、不安を感じているユーザーのツイートも見てみましょう。

これらのツイートのように、「ブロックされたのでは」と気になる場合には、消えたアカウントのプロフィール画面にアクセスするといいでしょう。ブロックされている場合は、ブロックされていることを示すメッセージが表示されます。

相手がアカウント自体を削除している

Twitter(ツイッター)では、相手がアカウント自体を削除した場合にも、フォローが自動的に外れる仕様になっています。

相手がアカウントを削除した場合も、ブロックされた場合と同様に、フォロー数・フォロワー数どちらも減ります。

上記のツイートでも言及されているように、片思いチェッカーなどのツールを利用しても消えたアカウントが不明な場合は、アカウント自体削除されている可能性が高いと考えておくといいでしょう。

相手のアカウントが凍結されている

Twitter(ツイッター)のフォローが消えた場合、相手のアカウントがTwitterルールに違反したために、凍結されている場合もあります。

これらのツイートのように、相手のアカウント凍結が原因で、フォローが減ったと考えられる場合には、相手のプロフィールページにアクセスすることで詳細を把握することが可能です。プロフィールページに制限されている内容のメッセージが表示された場合には、凍結されている可能性が高いと考えられます。

Twitter(ツイッター)の不具合が発生している

Twitter(ツイッター)では、不具合によってフォローが0になるバグが起こることがあります。不具合によってバグが起きたとみられる下記のツイートを見てみましょう。

このようなトラブルは、Twitterがアップデートする際に起こりやすいものです。そのうえ、フォローが制限される、フォロー上限による凍結といったバグも起こりやすくなります。また、アカウントを一度削除した後に、再度アカウントを復活させた場合にも、アカウント復活直後にはフォロー・フォロワー数が削除前とは異なる、0と表示されるといったバグが起こることもあります。

アカウントが乗っ取られている

心当たりのないフォロー解除が行われた場合には、アカウントが乗っ取られている可能性があります。ほかにも、身に覚えのないツイートが呟かれている、知らぬ間にフォロワー解除されている、ダイレクトメールを送られているといった場合には、アカウント乗っ取りを疑いましょう。Twitter(ツイッター)ヘルプセンターの「アカウントが乗っ取られた場合のヘルプ」に記載してある手順に従うことで、乗っ取られた状態を解除することができます。

誤ってフォロー解除した

Twitter(ツイッター)のフォローを誤って解除してしまうことで、フォローが消えることもあります。

これらのツイートからもわかるように、間違えてフォロー解除することは誰にでも起こりうることです。誤ってフォロー解除してしまった場合は、すぐにフォローしなおすといいでしょう。

フォローが消えた場合の対処法

フォローが消えてしまった場合に考えられる原因について、ご理解いただけたのではないでしょうか。では、Twitter(ツイッター)のフォローが消えた原因がわかったら、どのように対処すればいいのでしょうか。下記の3つの方法を順番に試すことで、対処することができます。

ツールを活用して詳細を確認する

Twitter(ツイッター)のフォローが消えた場合、まずはツールを活用してフォローが消えた詳細について確認するといいでしょう。ここでは、「SocialDog」と「えごったー」という2つのツールをご紹介します。

SocialDog

SocialDog
SocialDogは、Twitter(ツイッター)運用の効率化を手助けしてくれる大変便利なツールです。なかでも、「フォロー管理」機能は、フォロー・フォロワーを多角的に分析できるため、消えたフォローの詳細について探る場合に役立ちます。

フォロー管理機能では、フォロワー解除されたアカウントを一覧で見ることができます。フォローが消えたタイミングでフォロワー解除されたアカウントがあれば、相互フォロー関係にあったアカウントからフォロー解除された可能性が高いと考えられるため、フォロワー解除されたアカウントのプロフィール画面にアクセスしてみましょう。プロフィール画面にアクセスすることで、原因がブロックなのかアカウント削除なのか、凍結なのか確認することができます。

また、SocialDogでは、月額980円から加入できる有料プランを利用することで、「保護リスト」機能も使えるようになります。保護リスト機能とは、重要なフォロワーを誤操作によるフォロー解除から保護することができる機能です。保護リスト機能を使うことで、誤ってフォロー解除してしまう誤操作を防ぐことができます。

SocialDog

えごったー

えごったー
えごったーは、Twitter(ツイッター)上のさまざまな分析を簡単に行ってくれるツールです。なかでも、フォローが消えた方におすすめの機能が、「ブロックされたかも」です。「ブロックされたかも」に表示されるアカウントは、ブロックされた可能性のあるアカウントだけではなく、アカウント削除、凍結といった状態にあるアカウントも含まれます。アカウント削除したユーザーの欄には「垢消し」、1カ月ツイートしていないアカウントの場合は「1ヶ月間ツイート無し」と表示されるため、それぞれのアカウントの状態を簡単に確認でき、フォローが消えた原因解明のための重要な手がかりを簡単に得られる便利なツールです。

えごったー

時間が経ってから再操作する

ツールを利用して詳細を確認してもフォローが消えた原因が不明な場合は、Twitter(ツイッター)自体の不具合が原因であるとも考えられます。その場合には、少し時間をおいてから再操作してみましょう。すると、フォローが復活する可能性もあります。

Twitterに報告する

Twitter(ツイッター)の不具合が原因だと考えられる場合でも、時間が経ってもフォローが復活しないケースもあります。そのような場合には、Twitterに報告することをおすすめします。Twitterのヘルプセンターの「問い合わせをする」から報告できるため、時間経過を待っても事態が改善しない場合には、Twitterに報告しましょう。

Twitter(ツイッター)でフォローが消えたら一度原因を確認しましょう

Twitter(ツイッター)でフォローが消えた場合の原因や対処法について解説してきました。Twitterでフォローが消えた場合の原因としては、相手にブロックされた、相手がアカウント自体を削除した、相手のアカウントが凍結されているといった、原因が相手にあるものだけでなく、Twitter自体の不具合による場合やアカウント乗っ取り、自分の誤操作など、さまざまな原因が考えられます。フォローが消えた場合には、SocialDogなどのツールを利用して詳細について確認したうえで、時間経過を待ったうえで再操作する、Twitterに報告するといった対処をしましょう。

-フォロワー・フォロー

Copyright© みんなのTwitterマーケティング , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.