SNSマーケティングに関する役立つ情報をお届け

みんなのTwitterマーケティング

フォロワー・フォロー

Twitter(ツイッター)でフォロワーを500人にするための4つのステップとは。注意点まで解説

投稿日:

Twitter(ツイッター)の運用には慣れてきて500フォロワーを目指しているものの、なかなかフォロワーが増えずに悩まれているのではないでしょうか。500人までフォロワーを増やすには、いくつかの大切なポイントを理解して運用する必要があります。そこでこの記事では、Twitterで500人のフォロワーを達成するためのステップと、運用するうえで注意するべきことを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

Twitter

Twitter(ツイッター)フォロワー500人は多い?

Twitter(ツイッター)のフォロワーが500人以上いるアカウントの割合に関する正確なデータはないものの、SNS全体としてのデータは出ています。SNSとCGM(消費者生成メディア)に関する実態調査を参考にすると、フォロワーが100人〜1,000人いる個人アカウントは、「全体の約40%」となっています。

また1,000人を超えるフォロワーを獲得している個人アカウントは、全体の約3割であることがわかります。

フォロワーを500人するためのステップ

ここからは、フォロワーを500人にするための4つのステップを解説します。

  • ツールを導入する
  • ツイートを工夫する
  • インフルエンサーと絡んで露出を増やす
  • キャンペーンを企画する

それぞれ順番に見ていきましょう。

ツールを導入する

SocialDog

まずは、運用を効率化するためのツールを導入することが大切です。運用を効率化できるツールは様々なものが存在しますが、SocialDogがおすすめです。SocialDogでは、下記のような機能が搭載されています。

  • 高度な分析機能:フォロワーの継続率・新規フォロワー獲得率などを調査できる
  • キーワードモニター:指定したキーワードが含まれるツイートを収集する機能
  • 予約投稿:指定した時刻にツイートを予約できる機能
  • フォロー管理機能:条件に沿ったフォロワーの分析などができる機能

上記以外にも、有料プランに加入することで、CSVでデータをダウンロードできるようになる他、20万件のハッシュタグの分析などもできるようになります。無料プランでも十分な分析機能は備わっていますが、有料プランのほうがより詳細な分析が可能になります。

本格的にTwitterを運用していきたいと考えている方は、有料版への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

SocialDog

ツイートを工夫する

次に、読みやすく反応しやすいようなツイートをすることが大切です。注目される頻度が上がれば、自然とプロフィールへの訪問数は増え、フォロワーは増えていきます。ツイートの工夫では、特に下記3つのポイントを意識しましょう。

  • 読みやすさ
  • 投稿時間
  • 固定ツイートの活用

それぞれ順番に解説します。

読みやすさを意識する

まずは、改行を減らす・漢字を減らすなど、ツイートの読みやすさを意識しましょう。ツイートが読みやすいことで、ツイート全体を読んでもらえる可能性が高まり、インプレッションが増えることに繋がります。インプレッションが多いツイートは、タイムラインで上位表示されるため、多くのユーザーにアカウントを認知させられます。

https://twitter.com/sooo_hc/status/1261265314999791618?

(1)140文字ギリギリまで使う(140文字ピッタリであることが望ましい)
(2)行間を一段あける
(3)絵文字やカッコ(「」『』【】など)を使用する
(4)画像やGIFを挿入する
(5)半角を使わない

上記5つのテクニックを使用すると、
「ツイート自体の面積が大きくなる」
という効果があります。

引用:ツイートをバズらせる5つのテクニック

上記の引用のように、ツイート自体の面積を広げることが重要です。ときには「絵文字」や「動画」などを挿入し、多くのツイートが溢れているタイムラインの中で、自分のツイートを目立たせる工夫をしましょう。

投稿時間を意識する

内容:今回の検証では内容をできるだけ固定し
純粋な曜日と時間帯でツイートがどのように影響するかを検証
結果:平日は①朝、②14時~17時頃、③21時前後が良い結果
休日は①12時~15時、②22時前後

引用:【徹底検証】ツイートの効果的な曜日と時間帯を解明!

朝・昼・夜を分析した結果、朝4~5時と昼の11~12時は見られる数が多いということがわかりました。反応率ではお昼の時間帯はエンゲージメントが11.4%でもっとも反応されやすいという結果になりました。

意外とお昼って一番落ち着く時間帯でみんながゆっくり過ごしているときなのかもしれないですね。

引用:Twitter拡散に必要な時間帯を分析!時間帯ごとのツイート反応率

上記の引用からわかる通り、Twitter(ツイッター)のベストな投稿時間帯はアカウントによって異なります。また、1.5億のツイート分析からみる「Twitterのベストな投稿時間」とは。の記事を参考にすると、朝6〜7時・昼12〜13時・夜20〜22時がユーザーの利用時間帯がピークであるとされています。

従って、まずは上記の記事で解説されている時間帯に絞って投稿を繰り返し、その中でも自分のアカウントの反応が良い時間帯を分析してみましょう。

固定ツイートを活用する

最後に、固定ツイートを活用することも重要です。固定ツイートとは、アカウントのツイート欄の一番上に掲載を固定できるツイートです。ユーザーは気になるツイートやアカウントを見つけた際に、プロフィール内容と同時に固定ツイートも見る傾向にあります。従って、ユーザーにとって有益な固定ツイートを掲載しておくことで、フォローしてもらえる可能性が高まるということです。

むしろ、重要視すべきは固定ツイートに何を書くかということだ。先ほど言ったようにRT企画に参加している人間はTLを見た時に価値が見えてこない。

固定ツイの内容というのは、その人にとっての名刺であり、今見て欲しいことそのものである。

引用:たかだかTwitterのフォロワー増やすのにお金はかけるな -SNS初心者がまず1000人を目指す方法-

固定ツイートは最初の部分に固定されるので、よく見られます。
固定ツイートを見て、共感してフォローしたいと思う人が多く、プロフィールの続きみたいな感じで使います。

固定ツイートには、スレッドをつけて、ツイートが連続してかけるのですが、ここを順々に読んでいくと商品を購入したくなるように書いておきましょう。

固定ツイートでは、自分のPRをしすぎたり、ビジネスの勧誘をしすぎる固定ツイートは嫌われる傾向があります。

引用:長く継続して結果を出すための日々のTwitter運営

上記の引用通り、固定ツイートは最も見てほしい情報で、なおかつ有益な情報である必要があります。新しく固定ツイート用にツイートを作る必要はなく、今までに反応の良かったツイートを掲載しておくだけでも効果的です。

インフルエンサーと絡んで露出を増やす

ツイートの分析を行った上で、次は、インフルエンサーと絡んで露出を増やすことも重要です。インフルエンサーは大多数のフォロワーや影響力を獲得しているため、ツイートにリプライをするだけでも、通常のツイート以上のインプレッションが獲得できます。

① インフルエンサーのツイートをコメントをつけて引用RTして、インフルエンサーにRTしてもらう。
② インフルエンサーのツイートにリプライする。
③ インフルエンサーの活動についてツイートする。
④ 炎上しているインフルエンサーについてネガティブな持論を展開する。

引用:1日1時間のTwitter活動で月に400人のフォロワーを増やす方法【忙しい方限定】

例えば、フォロワー1万人のインフルエンサーに「いいね」や「リツイート」されると、1万人のタイムラインにあなたのツイートが届くというロジックです。

誰かに「いいね」や「リツイート・引用RT」をされないと、自分のフォロワー以外にはツイートを見てもらえないということを覚えておきましょう。

引用:本気でSNS集客したい人のためのTwitter運用のコツ【3ヶ月半で1万人増やした方法】

上記でも解説されている引用リツイートや活動に対するツイートなど、インフルエンサーが喜ぶ絡み方をすることで、インフルエンサーに反応してもらえる可能性が高まります。

キャンペーンを企画する

最後に、キャンペーンを企画することも効果的です。

フォロワーはキャンペーンで増やす
その手法とはずばり、キャンペーンです。

フォローしてくれる代わりに賞品をあげるよというやつです。

ようはプレゼントで釣るんですね。

引用:InstagramやTwitterでフォロワーを増やすにはキャンペーンが有効!

最も有名なキャンペーン企画は、ZOZO創業者前澤氏による「2020年お年玉企画」ですが、もっと小規模でもキャンペーンを開催することは可能です。たとえば、フォロワーが100人増えるごとに、「フォロワーの中から1名を限定して紹介」などが挙げられます。

ハッシュタグキャンペーンとは
ハッシュタグキャンペーンとは、キャンペーンに特定のハッシュタグをつけてSNSに投稿することを指します。指定のSNSアカウントを持っていることが条件です。

ハッシュタグキャンペーンの設計はさまざまで、投稿と同時のタイミングで企業のアカウントをフォローする「フォロー&リツイートキャンペーン」は多くの企業で開催されています。

引用:【2020年冬】ハッシュタグキャンペーン事例まとめ集

キャンペーンを開催する際は「フォロー&リツイート」を参加条件にすると効果的です。参加人数が増えるほどにキャンペーンが拡散されるため、結果的に多くのフォロワー増加に期待できます。

運用するうえで注意すべきこと

Twitter

ここからは、運用するうえで注意すべきことを3つ解説します。

  • フォロワーの購入は厳禁
  • インフルエンサーとの交流は礼儀正しく
  • 継続して運用すること

それぞれ順番に見ていきましょう。

フォロワーの購入は厳禁

フォロワーを増やすために、販売されているフォロワーを購入することは厳禁です。Twitter(ツイッター)のルールでアカウントの売買は禁止されており、バレてしまった場合にはアカウントが停止・凍結してしまう可能性があります。

自身または他者のフォロワーやエンゲージメントを人為的に誇張することは禁じられています。これには、以下が含まれます。
(中略)
アカウントの譲渡または販売 – Twitterのアカウント、ユーザー名、Twitterアカウントへの一時的なアクセス権を販売、購入、取引すること、またはそれらの販売、購入、取引を申し出ること

引用:Twitterヘルプセンター

ツイッター公式ルールをみると、フォロワーの購入も禁止されていることがわかります。

インフルエンサーとの交流は礼儀正しく

次に、インフルエンサーとは礼儀正しく交流することを心がけましょう。あくまでアカウントとしては対等の立場であることが前提ですが、拡散をしてもらうことだけを目的に絡んでしまうと、悪い印象を抱かれ、今後一切絡んでもらえなくなる可能性があります。

また、インフルエンサーのツイートは大多数のユーザーが見えています。礼儀のない交流をしてしまうと、周りのユーザーにも不信感を抱かれてしまう可能性が高いため、礼儀正しく接することが大切です。Twitterにおいては、リアルな接点の場ではないとはいえ、どのような相手に対しても礼儀正しく接するようにしましょう。

継続して運用すること

最後に、継続して運用することも重要です。Twitter(ツイッター)のフォロワーを短期間で一気に増やせるのは、有名人や企業ブランド・ごく一部のユーザーに限ります。短期間ではフォロワーを増やせないことを理解し、長期目線でコツコツと運用することで、アカウントの信頼性も高まり、少しずつフォロワーも増加していきます。

フォロワーを増やすには計画的に運用することが大切

Twitter(ツイッター)で500人のフォロワーを獲得する方法を解説しました。フォロワーを500人にするためには、ツイートの工夫・キャンペーンの企画などを行いながら、インフルエンサーとの交流も大事にしましょう。

また、運用を効率化するためのツールを導入し、アカウントの分析や改善点を見つけることも非常に重要です。従って、まずはご紹介したSocialDogを導入し、ツイートの分析などを始めてみてはいかがでしょうか。

-フォロワー・フォロー

Copyright© みんなのTwitterマーケティング , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.