SNSマーケティングに関する役立つ情報をお届け

みんなのTwitterマーケティング

フォロワー・フォロー

Twitter(ツイッター)でフォローができないときの4つの対処法。フォローにまつわる注意点も解説

投稿日:

Twitter(ツイッター)運用をしているものの、突然フォローができなくなってしまい、原因や対処法がわからないと悩まれているのではないでしょうか。この記事では、Twitterでフォローできない場合の対処法を4つ解説するとともに、Twitterのフォローにまつわる注意点を解説します。Twitterではしっかりとルールを理解して運用することが大切なため、ぜひ参考にしてください。

Twitter

Twitter(ツイッター)でフォローできない場合の対処法

まず、Twitter(ツイッター)でフォローができない場合の対処法について、下記のケースにわけて解説します。

  • フォロー数の上限に達している場合
  • 自分のアカウントが凍結されている場合
  • バグが発生している場合
  • 相手が鍵アカウントの場合

それぞれの対処法を順番に見ていきましょう。

フォロー数の上限に達している場合

Twitter(ツイッター)では、1日あたりと、1アカウントあたりのフォロー上限数が決められています。すべてのアカウントは共通して、1日あたり最大400アカウントまでのフォローと決められています。1アカウントあたりのフォロー上限数に関しては、アカウントのフォローとフォロワーの比率に応じたフォロー率が適用される仕組みとなっています。従って、1アカウントあたりに関しては、明確なフォロー上限数が定められているわけではありません。

これらのフォロー数の制限については、下記の記事で詳しく解説していますので、本記事と併せてご覧ください。

Twitter(ツイッター)のフォロー数上限とは。フォロー制限の解除方法や制限されないための方法も解説

では、フォロー数の上限に達している場合の対処法について見ていきましょう。

フォロー解除をする

フォロー数の上限に達している場合は、フォロー解除が有用です。上記のツイートの通り、フォロー解除をする場合は、「30日間稼働していないアカウント」など、特定の条件に絞り込んでみても良いかもしれません。

https://twitter.com/twyxn243_1208/status/1317754903645675520

また、フォローされていないアカウント(片思いアカウント)に絞り込むことも重要です。フォローバックされているかをTwitter上で1アカウントずつ確認するのは手間がかかりますが、SocialDogというTwitter運用の効率化ツールを使えば、片思いアカウントが一覧で表示されます。

SocialDog

表示されている片思いアカウントを、SocialDog上でそのままフォロー解除することもできるため、Twitter上で1アカウントずつ確認するよりもはるかに効率化できます。

SocialDogには、他にも下記のような機能が搭載されています。

  • 予約投稿:1日10件から、指定した時間にツイートを予約できる機能
  • 高度な予約投稿:スレッド形式での投稿や、リツイートの予約ができる機能
  • 高度な分析機能:日付ごとのフォロワー継続率などを見られる
  • ハッシュタグ検索:20万件以上のハッシュタグの、いいね数やリツイート数を確認できる
  • フォロワー分析:フォロワーの性別やどちらからフォローしたのかなどを確認できる

上記の予約投稿・フォロワー分析などは、SocialDogの無料プランでも利用可能です。月額980円〜始められる有料プランであれば、ハッシュタグ検索・高度なフォロワー分析機能などが使えるようにもなるため、よりTwitter運用を効率化できます。

SocialDog

制限が解除されるのを待つ

フォロー数の上限に達している場合、フォロー制限が解除されるのを待つという対処法もあります。

これらのツイートのように、1日あたりのフォロー上限数に達した場合は、制限が解除されるまで待ってみると改善されます。

https://twitter.com/piyoko_774HNSK/status/1290764016369799169

Twitter(ツイッター)公式では、1日単位のフォロー上限に達した場合は、1日後にまたフォローができるようになるとされています。ただし、ユーザーによっては72時間経過しないと、再びフォローができるようにならない場合もあるようです。

自分のアカウントが凍結されている場合

続いて、自分のアカウントが凍結されている場合について見ていきましょう。

  • 認証手続きを行う
  • 異議申し立てを行う

それぞれの対処法を順番に解説します。

認証手続きを行う

アカウントが凍結されてしまってフォローができなくなっている場合は、認証手続きを行えば凍結が解除されます。

Twitter(ツイッター)の認証手続きは、下記の4ステップが必要です。

  • Twitterのアカウント作成にアクセスし、「アカウント作成」を見つける
  • アカウント登録に必要な、名前・メールアドレス・電話番号などの情報を入力
  • メールアドレスで登録の場合は、認証メールが届くので確認
  • 電話番号の場合は、認証付きのテキストが届くので確認

上記の手順を踏むことでアカウントの認証が完了し、凍結が解除されます。

異議申し立てを行う

認証手続きをしても凍結が解除されない場合には、異議申し立てを行うことも可能です。

https://twitter.com/ymd_723/status/1347414645523402754

Twitterヘルプセンターにて、メールアドレス・名前・ユーザー名・電話番号などを入力すれば異議申し立てを行えます。上記のツイートでも言及されている通り、異議申し立てによって凍結が解除されるケースは少なくないため、凍結が解除されない場合には異議申し立てを行いましょう。

バグが発生している場合

次に、バグが発生していることによって、フォローができない可能性も考えられます。そういった場合には、下記2つの対処法を試してみましょう。

  • 時間をあけてから操作する
  • 不具合を報告する

時間をあけてから操作する

まずは、時間をあけてから操作してみましょう。時間をあけてから操作することで、バグなどの不具合が改善される可能性が高まります。

https://twitter.com/svt_sc0808m/status/1023080382651031552

こちらのツイートにもあるように、Twitter(ツイッター)全体でバグが起きるケースもあります。必ずしもご自身のアカウントのみに不具合が起きるわけではないことを理解しておきましょう。

不具合を報告する

時間をあけてから操作をしてもフォローができない場合には、運営に不具合を報告するようにしましょう。Twitterヘルプセンターから不具合の報告ができますので、自身の状況と併せて連絡してみましょう。

相手が鍵アカウントの場合

最後に、相手が鍵アカウントの場合はフォローができません。鍵アカウントをフォローするためには、相手にフォローリクエストを送り、承認されるのを待つ必要があります。

フォローリクエストが承認された段階で、通常通りのフォローができている状態となります。

対処できない場合もある

Twitter

Twitter(ツイッター)でフォローができない場合の対処法を解説してきましたが、上述の方法では対処ができない場合もあります。それは、相手のアカウントにブロックされている場合です。

相手にブロックされている場合は、フォローリクエストなどを送ることができず、プロフィールを見ることもできません。従って、上述した方法はブロックされていない場合の対処法であることを理解しておきましょう。

Twitter(ツイッター)のフォローにまつわる注意点

ここからは、Twitter(ツイッター)のフォローにまつわる3つの注意点を解説します。

  • 過剰にフォロー・フォロー解除をしない
  • バグが発生するとフォロー解除ができなくなることがある
  • フォロー制限でなくDMの制限も設けられている

それぞれ順番に解説します。

過剰にフォロー・フォロー解除をしない

1つ目の注意点は、過剰にフォロー・フォロー解除をしないことです。Twitterヘルプセンター フォローについてを参考にすると、フォロー解除した後にすぐフォローをし、またフォロー解除することを短期間に大量に繰り返すことは、Twitter(ツイッター)のルール違反に該当するとされています。

ルール違反をしてしまうと、アカウントが凍結されてしまう可能性も考えられるため、フォローやフォロー解除は時間をおいて行うことが重要です。

バグが発生するとフォロー解除ができなくなることがある

2つ目の注意点は、バグが発生すると、フォロー解除ができなくなることがあることです。基本的には、数時間〜数日程度経過すればバグは改善されます。

上述のように、バグが発生している場合は、時間を空けてから操作する・不具合を報告するなど、適切な対処を講じるようにしましょう。

フォロー制限だけでなくDMの制限も設けられている

最後の注意点は、フォロー制限だけでなく、DMの制限も設けられていることです。Twitterヘルプセンターの「ダイレクトメッセージについてよくある質問」を参考にすると、1つのアカウントが1日に送れるダイレクトメッセージは1,000件に制限されていることがわかります。

1日の制限数に達した場合は、日付が変わるまではダイレクトメッセージの送信はできません。また、複数のアカウントに同じ内容のダイレクトメッセージを送ると、スパムとして認識され、ダイレクトメッセージをしばらく送れなくなることもあるようです。

Twitter(ツイッター)のルールを理解して利用しましょう

Twitter(ツイッター)でフォローができない場合の対処法について解説をしました。フォロー数の上限に達している場合には、フォロー解除をする・制限が解除されるのを待つなど、状況に応じて適切な対処を講じるようにしましょう。

また、過剰にフォロー・フォロー解除をしないなどのTwitterルールをしっかりと理解し、ルール内での運用を心がけることも大切です。フォロー解除には紹介したSocialDogが便利であるため、Twitter運用を効率化するためにも、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

-フォロワー・フォロー

Copyright© みんなのTwitterマーケティング , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.